コンテンツへスキップ

3/31(木)ご開業 東急プラザ銀座様 外観は江戸切子をモチーフ


東急プラザ銀座

「建物外観は日本の伝統工芸である「江戸切子」をモチーフにした「光の器」をコンセプトにしています。」(東急不動産様リリースより)
サイト 
東急プラザ銀座

・理事長コメント 「東急プラザ銀座」ご開業に寄せて

本日3/31(木)、銀座・数寄屋橋交差点角に
東急不動産株式会社様が「東急プラザ銀座」をご開業されました。

当組合では設計よりご依頼を頂き、デザインをもとに
平加工 林克美
菱加工 小林淑郎の伝統工芸士2名により、平と菱2つの技法を組み合わせた江戸切子のガラスオブジェを制作するご協力を致しております。

今回の御開業にあたっても、あるスペースの照明に組合員が携わり、
また複数のセレクトショップ様では組合員他の江戸切子商品をお取扱い頂く旨伺っております。

モチーフとして取り入れて頂いた事を始め、
“伝統と革新”という建物のコンセプトに刺激を頂きながら、
江戸切子の振興について一層誠実に身を引き締めて参ります。

東急プラザ銀座の御盛況を心からお祈りいたします。

江戸切子協同組合理事長 吉澤司一